かたづける気持ちは、あるんだけどね

私は、6月で61歳になりました。この春、38年間務めていたヤマハ音楽教室講師として働いていた仕事も、卒業しました。仕事している時は、毎日があっという間に過ぎていき、家が片付いていないのも、仕事をしているから、仕方がないとは、思っていたのですが、いざ、退職をしてみると、時間にも余裕ができたのにもかかわらず、部屋は、思うようには、片付いてはいないというのが、現状です。すぐにとは、思っては、いないのですが、もう、この歳ですので、シンプルイズベスト。いらないものは、少しずつ、かたずけて、いるものだけの置いておく、最小限必要なものだけで、できる生活をめざそうと思っています。大きい物を、手放すには、やはり、勇気と思い切りが必要です。とりあえず、目に写る物から、片付けてはいるのですが、片付けたというすっきり感は、感じられません。やはり、思い切って、大きなものを、処分することが、片付けたという達成感があるという意味では、一番のようです。思い切って、あまり使っていない、除湿器と、一年中ずっと部屋の片隅に置いてある、扇風機を粗大ごみに出すことにしました。使ってはいないものの、部屋の中をずうっと陣取っていたものが、消えていくのには、いささか抵抗はありましたが、粗大ごみに出した後は、随分部屋もすっきりとしました。これからの人生、いつまで生きていけるかは、誰も予測だにできませんが、やはり、ここらで、だんしゃりも頭に入れながら、シンプルイズベスト、大きなものも粗大ごみの処分も考えながら、すっきり生活をめざしていきたいと思います。