粗大ごみの処分は、ケース・バイ・ケースで行政サービスと回収業者を上手に使い分けたい

生活環境の変化によって、不要となった粗大ごみの処分にお困りになるタイミングがあると思います。引越しの際に新しい家具に買い替えをしたり、これまで使ってきた家具を買い替えることに際して、粗大ごみとして処分する必要がある場合、どのような処分方法があるでしょう。

新しく家具を買い替えた時などに、家具店が不要となった家具の引き取りサービスなどを行ってくれていれば勿論ありがたいですが、「購入品と同サイズ以下」などの制約があったり、思うように利用出来ないケースもあります。

粗大ごみを処分する場合、費用を抑えることを考えるならば、区や市役所といった行政サービスを利用することが良いと思います。しかし行政サービスであるからこそ不便な面も多々あるのは否めません。例えば、重い家具などを家の外まで運び出さなくてはならなかったり、日中家に居られる土日に回収してもらえなかったり、準備に掛かる手間を考えなければなりません。

一方、粗大ごみ回収業者へ依頼した場合、1点あたり5,000円前後の費用が掛かるものの、土日でも回収OK、2階からの運び出しや解体作業なども行ってくれるサービスがついているケースもあり、いくつかの業者を比較検討するなど上手に利用すると、対費用効果は高いと思えます。

粗大ごみとして処分する品の大きさ、持ち運びの大変さ、回収予定日に在宅可能か否かなど色々検討された上で、ケース・バイ・ケースで、行政サービスでの回収と、回収業者とを上手に使い分けられたら良いと思います。