市町村が回収してくれない粗大ごみの処分する方法も含めて検討

ベッドのスプリングマットレスを粗大ごみとして扱ってもらえない市町村の場合、その処分にとても困ってしまわれる方も多くいらっしゃると思います。ベッドを買い換えた際に、家具店が古いマットレスを引き取ってくれるならラッキーですが、なかなかそうもいかないのが現状の様です。

 

スプリングマットレスの処分を、街にある産業廃棄物を扱っているような業者へ依頼すると、1万円前後の費用が掛かることは珍しくありません。手間暇掛けずに1万円で処分してもらえるならそれで良いという方なら良いですが、出来れば費用を掛けずに処分したいところだと思います。

 

スプリングマットレスも、分解して細かくすることで街のゴミ収集で回収してもらえます。表面のカバーや中綿などはカッターなどで切って剥くことで、燃えるゴミとして普通に回収されます。問題はスプリングです。

 

道具無しは望めません。少なくともホームセンターなどで、やや太めのステンレス線が切断出来るニッパーを購入することだけは覚悟して下さい。カバーなど表面を覆うものをカッターなどで取り除いたら、スプリングを1つ1つバラバラにしていきます。やや太めのワイヤーで繋がっていますので、それを購入したニッパーで切断し、1個1個のスプリングにしていく作業を地道にしていきます。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとスピードアップしていけます。女性でも出来たという口コミも、多く見聞きするほどです。細かく分けられたスプリングはビニール袋に入れて、不燃物回収の日に集積場へ持ち込めばOK。

粗大ごみとして処分に困ってしまうスプリングマットレスも、一手間掛ければ普通にゴミとして扱える状態に出来ます。後は、労力と費用の問題ではないでしょうか。産業廃棄物業者では、例えば2階の部屋から運び出す作業もサービスに含まれるケースもあります。セミダブル・ダブルとサイズが大きくなるに連れ、一人では運べないような重さになってきますのでありがたいサービスです。

スプリングマットレスを例に取ってみましたが、粗大ごみを処分する場合には、自分で処分した場合、業者に依頼する場合の費用と作業範囲など色々比較して検討されるのが良いと思います。

JALカード|主婦の在宅ワーク|童話|住宅リフォーム総合情報|心の童話|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|女性の人生|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|オーディオ|童話|内職 アルバイト|